2015年11月7日(sat) 第四回目の開催となる 横浜ヒストリックカーデイ4thが横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて開催されました。

穏やかな天気の中、約180台近く(内STAFF車両 約30台)のヒストリックカーが集まり、終日会場には素敵な車共に多くの笑顔が溢れていました。

 

今回は、初めての催しとして「赤レンガで古い車の絵を描こう」を実施しました。

お子様から大人まで、素敵なロケーションの下、気に入ったヒストリックカーの絵を楽しそうに描く姿はとても微笑ましいものでした。

エントリー頂いたオーナー様からは絵を描く子供達へ親切に車の歴史や特徴を説明して頂き、本当に有難うございました。

また、協力クラブ/参加者による 蓄音機の実演もあり、初めて見る蓄音機に目を丸くしているお子様や、懐かしいと感激されたご年配の方も多くいらっしゃいました。

この日を体験された子供達にとって良い思い出になり、いつの日か私達と同じように車を楽しむ仲間になってくれたらと願っております。

 

ヒストリックカー同乗体験では今回も、参加オーナー様自ら、多くの同乗体験車両協力の申し出を頂きました。

昨年のBest of Competition賞を受賞された 日野コンテッサクーペ ライトウェイト

は、2名乗車の関係上、エントリー頂いた方から抽選で4名の方へ。

国産車からは ホンダシビックSB1、スバル360カスタムデラックス、英国車はオースチンA35カントリーマン、モーリスミニ850MarkⅠ、フランス車は、シトロエン11CVレジエール、ドイツ車からはメルセデスベンツ170S、BMW600、VWタイプⅡ と多種多様なヒストリックカーに一般来場者の同乗申し込みの長い列が出来ました。

赤レンガ倉庫周辺を一巡りして戻って来た時の皆様の笑顔を見ると、開催して良かったと毎回思います。 同乗体験車両のご協力を頂いた皆様には改めて御礼申し上げます。

 

コンテストでは

・人気投票では1964年 ジャガーEタイプのI橋様へ。

今までの人気投票では、小さくて可愛い車が受賞されていましたが、今回は大人の男性の方からの投票が多かったのでしょうか。オーナー様ご自身でレストアをされたとても素晴らしい車両でした。

・Best of Competition では1971年 アルピーヌA110 1600GSのK様へ

 フランスラリー チャンピオンのジャン・クロード アンドリュー氏が所有していた本物のラリー車でCompetitionそのものでした。

・Best of Historicには 1967年 ダットサンブルーバードDPP411 のT田様へ

 ワンオーナーで歴史を感じさせる佇まいが素敵な車両でした。

 

レトロファッションも、回を重ねるごとに参加者様のレベルが上がっており、選出するにも非常に悩みました。

参加者だけでなく、一般来場者の方も、レトロファッションで赤レンガ倉庫に来られるようなイベントになって行けたらと思っております。

 

 

最後になりますが、今回も個人有志にて運営している小さなイベントに際し、参加頂いた皆様、ご協賛頂いた Yokohama Monterosa様、㈱笠原鋳物工場様、個人協賛者の皆様、ご後援頂いた 駐日英国大使館様、Garage Grace様、そして、協力クラブ、協力STAFFの皆様に心よりお礼を申し上げます。

 

次回は5回目の開催となり、新たな思いで開催に向けて準備を進めて行きますので、今後ともよろしくお願いします。

 

                    横浜ヒストリックカーデイ運営事務局一同

                                代表 三木英樹